月別アーカイブ: 2016年11月

「スカーボロ・フェア」無理難題にも意味がある?―深読みその②

Simon and Garfunkelの“Scarborough Fair/Canticle” 深読みしすぎ第二弾。

このバラッド、もともとは男女がデュエットで互いに無理難題を出し合うというもの。「~できたら彼女にしてやるよ!」という男性の歌に応えて女性が「そんなこというなら、あんたこそコレやってみな!そしたら彼氏にしてやっから!」とかけあいます。メロディーはさみしげですが、やりとりはちょっとユーモラス。好きも嫌いも好きのうち、てなもんで。

Simon and Garfunkelはの場合は、元カノに無理難題ふっかけて、クリアーしたらまた彼女にする、と言っています。

ここでどうも気になるのが無理難題の中身。どうせ無理ならなんでもよい、というわけでもない気がするのです。Canticle聖歌と重ねて聞くと、あるメッセージが浮かび上がるように思えるんです。

motion-1641979_640

さて、3連。

Tell her to find me an acre of land
Parsley sage rosemary and thyme
Between the salt water and the sea strands 
Then she’ll be a true love of mine
Tell her to reap it with a sickle of leather
Parsley sage rosemary and thyme
And gather it all in a bunch of heather
Then she’ll be a true love of mine
彼女に伝えて、1エーカーの土地を見つけておいてと
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
海水と浜辺のはざまに
そうしてくれたら、彼女は僕の愛しいひとになる
彼女に伝えて、刈り取りの鎌はなめし皮でと
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
そしてすべてをヘザーの花束に入れて
そうしてくれたら、彼女は僕の愛しいひとになる

1エーカーは都会の4LDKマンション50軒ぶん相当。ずいぶん広いです。こんな広い土地を塩水salt waterと浜辺strandsの間に、って…やせた海辺の土地で何をするんでしょう?

4連も不思議です。そもそもitは何?何を刈るのでしょう?鎌は生命ある植物を切り倒す道具。そういえば死神も大釜を振り回しています。でも、なめし皮の鎌では切れそうにありません。

そして穫り入れた何かをヘザーの束にまとめます。イギリスの荒野を覆うヘザーの花は赤紫。炭化すればピートになります。

tree-943247_640-1

縫い目も刺繍もないシャツ…海辺の土地…ヘザーの花束

布…大地…花…。 ん?

もし歌い手の向かう先が〇〇で、本心から別れたくて別れたのではないのなら…。

歌い手は彼女に何かの準備を頼んでいる、とも見えませんか。

これが唯一の正しい解釈、なんていうつもりは全くありません。あくまで詩から離れず連想した一例にすぎません。「詩から離れない」なら、いろいろな連想があってよいと思います。「わけわからない」でスルーするより面白いですよ。

さて、明日はこの歌にかぶせられているOn the Side of the Hillを覗いてみます。

↓↓ 言葉の海の深みをご一緒に探りたい方、お待ちしています。

「スカーボロ・フェア」この二人、別れたくて別れたの?―深読みその①

肌寒い季節になるとなぜか思い出す、サイモン&ガーファンクルのスカーボロ・フェア。

ロジカル・シンキングとは別次元の謎めいた詩で知られています。これから少しずつご一緒にその謎を追ってみませんか。

さてこの曲、正式なタイトルは”Scarborough Fair / Canticle”「スカーボロ・フェア/聖歌」。

スカーボロはイギリス東北沿岸の港町。まあ地図で見るとちょうど請戸漁港あたりの感じです。丘の上から眺める海の色は北海らしい鉛色でした。フェアはその港町の市です。

スカーボロ・フェアは民謡として1600年代には歌われていたようです。なかには、歌い手はペスト自身、若い女性に次々と無理難題をふっかけて、できなければ連れ去ってしまう、という解釈もあります。

スカーボロは日本でいえば請戸あたりでしょうか

スカーボロは日本でいえば請戸あたりでしょうか

でも、サイモン&ガーファンクル版で不思議なのがCanticle=聖歌。確かにもとの民謡にはない歌がかぶせられています。これはPaul SimonがOn the Side of a Hillと題して書いた歌を改題したもの。もとの民謡と「聖歌」が重なったところにベトナム戦争への「反戦歌」が浮かび上がるのですね

まず、Scarborough Fair から少しずつ…

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine  

Tell her to make me a cambric shirt
Parsley sage rosemary and thyme
Without no seams nor needle work
Then she’ll be a true love of mine

スカーボロの市に行くところですか
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
よろしく伝えてください、そこに住むある人に
彼女はかつて僕の愛しいひとでした。

彼女に伝えて、僕にキャンブリックのシャツを作ってと
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
縫い目も刺繍もつけないで
そうしてくれたら、彼女は僕の愛しいひとになる

 

パセリ、セージ、ローズマリーにタイムは清めのハーブ。冷蔵庫が登場する前は肉の防腐剤として重宝されました。

それにしても、1連ではShe once WAS a true love of mineとなっています。もとカノに頼み事とはこれはいかに。一体この二人は別れたくて別れたんでしょうか。

冷蔵庫がなかった頃はハーブが防腐剤

冷蔵庫がなかった頃はハーブが防腐剤

2連の頼みごとがまた謎です。キャンブリックは生地の名前ですが、レース屋さんで売っているようなしっかりした手触りの真っ白な高級ハンカチ地を思い浮かべてください。これをシャツにするのに縫い目もいらないって…とと姉ちゃんの直線裁ちでも無理です。
あなたは今何をお召しです?縫い目は?…ああ、ありますね。袖、襟と身頃はぬいつけてありますもんね。ボタンもついているし。

縫い目のないシャツはお持ちですか?…サリー?あれはシャツじゃないですねえ。

服に縫い目がなかったらどうでしょう。日々の家事、電車で通勤、犬の散歩、自転車で買い物…普段通りにできますか?

シーツやカーテンでもかぶってみてください。テルマエ・ロマエのトーガみたい?それもシャツじゃありません!シャツshirtはスカートskirtと語源が一緒。「短く切った服」素材節約、てきぱき動きやすいでしょう。

縫い目のないシャツを着ても困らないのはどんな状態のひと?

なぜShe once wasがShe will beに?元カノがカノジョに戻るのはなぜ?

この二人は別れたくて別れたんでしょうか。

あっ!と思った方は3番以降の詩もその路線で読めるかどうかお試しください。

Tell her to find me an acre of land
Parsley sage rosemary and thyme
Between the salt water and the sea strands 
Then she’ll be a true love of mine
Tell her to reap it with a sickle of leather
Parsley sage rosemary and thyme
And gather it all in a bunch of heather
Then she’ll be a true love of mine
彼女に伝えて、1エーカーの土地を見つけておいてと
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
海水と浜辺のはざまに
そうしてくれたら、彼女は僕の愛しいひとになる
彼女に伝えて、刈り取りの鎌はなめし皮でと
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
そしてすべてをヘザーの花束に入れて
そうしてくれたら、彼女は僕の愛しいひとになる