翻訳」タグアーカイブ

著者の頭の中の風景が蘇る翻訳のコツ

―さて、こないだの翻訳、これが気に入らなかったのでしょ?

This textbook of internal medicine is aimed at colleagues, medical students and other therapeutic professionals, who, like the author himself, are looking for a healing art with an understanding of man’s body, soul and mind. Presently medical practice is dominated by a pathophysiologically oriented understanding of disease, in which the essence of sick people is not captured.

この内科学のテキストは著者と同じように人間の身体、心、精神の理解を伴う治癒のわざを探している同僚、医学生、諸療法のプロをねらっている。今日の医療実践は、病むひとびとの本質は捉えられていない、病態生理学寄りの疾病理解に支配されている。

一見よくある訳文だけれど…。イメージの順番を不必要に入れ替えていたから、話の順序が変わって頭がこんがらがった。で、どうなった?

日々の積み重ねのみが身につく。

この内科学テキストの対象は、同僚、医学生、療法士、なかでも著者と同じように人間の身体、心、精神の理解を伴う治癒のわざを探し求める方々である。今日の医療実践で優勢なのは病態生理学寄りの疾病理解であり、病む人々の存在の本質は捉えられていない。

―あら、ずいぶん順番入れ替えが減ったのね。気になるところはある?

「療法士、なかでも…のところが、関係詞が限定用法ぽくなってしまって…」

―なかでも、をダッシュにするのも、最近はOKみたい。編集者さんと相談した方がいいと思うけれど。

―書き換えて気づいたことは?

「1文目の終わりにan understanding of man’s body, soul and mindが来ていて、次の文のpathophysiollogically oriented understanding of diseaseとコントラストになっている感じがしました。presentlyの前に“ところが”のニュアンスを感じます。著者がこれはまずいんじゃない?と思っている、そんな気持ちを感じました。」

―そう。人が何かを表現するとき、心が動いていないことなんてめったにない。文章の用向きによってはそれをあからさまに安易に表現するのがはばかられる場合もある。そういうときは文体、レトリック、語順の構造にしのばせる。そして自分の頭の中にある風景がちゃんと蘇るように仕込む。このたった2文で著者が一番気にしているのはなんのことだと思う?

「2文の最後の『患者さんの存在そのものの本質が置いてきぼりになっている』でしょうか」

―私もそう思う。たった2文だから大したことないようだけれど、これが1200ページ積もったらどうなるか…だいぶ読みやすさに差がつくでしょう?

気をつけることはシンプルです。まず構造の通りに読む。返り読み英文和訳で内容を確かめるという人もいるけれど、必ずもとの構造に戻ること。

ご参考までにもとのドイツ語を。構造的には英語といっしょ。もう英独蘭語なんて群馬、栃木、茨城弁みたいなものです。フランス?あれは青森。日本はミニチュアヨーロッパ。

Dieses Lehrbuh der Inneren Medizin wendet sich an Kolleginnen und Kollegen, an Studierende der Medizin und Interessierte der anderen therapeutischen Berufsgruppen, die -wie der Autor selbst- nach einer Heilkunst mit einem leiblich-seelich-geistigen Menschenverstaendnis suchen. Gegenwaertig dominiert im aerztlichen Alltag ein patholophysiologisch orientiertes Krankheitsverstaendnis, in dem das Wesen des erkrankten Menschen nicht vorkommt.

 

I love you は「私はあなたを愛しています」?―翻訳をめぐる思い込み退治します

「翻訳頼まれたのだけど大変。」

―おや、また何が?

「英語を読むとわかるんだけど、日本語が出てこなくて。」

ーどれどれ。

This textbook of internal medicine is aimed at colleagues, medical students and other therapeutic professionals, who, like the author himself, are looking for a healing art with an understanding of man’s body, soul and mind. Presently medical practice is dominated by a pathophysiologically oriented understanding of disease, in which the essence of sick people is not captured.

この内科学のテキストは著者と同じように人間の身体、心、精神の理解を伴う治癒のわざを探している同僚、医学生、諸療法のプロをねらっている。今日の医療実践は、病むひとびとの本質は捉えられていない、病態生理学寄りの疾病理解に支配されている。

ははあ。よくあるタイプの訳文。これで通用しているのもいくらでもあるけどね。訳文は読みにくいもの、と世間もあきらめちゃってるみたいだし。

でもあなたは気に入らないのでしょう。そのセンスは大したもの。きっと心の中でちゃんと音読、イメージ変換をやっているのだと思うよ。それでうまくいかないから気持ち悪い。 

あはは。「ねらっている」「支配されている」は辞書依存。ここは自分で考え直して。

私から今回は1点だけ、でも根本的なことを指摘します。

語順入れ替え訳だと…ニアミス、接触、墜落?

英語と日本語は語順が違う、という19世紀みたいな思い込みから自由になって。

I love youを「私はあなたを愛しています」と訳して「おお、日本語と英語は語順が違う」なんて言ってない?

「私はあなたを愛しています」なんて言いますかね。そんなこという人と付き合いたいですかね。こんなこと言われたら「へえ、そうですか。で、それが何か?」って返したくならない?

英語の主語に「は」「が」をつければ日本語の主語になると思ってない?

だいたい日本語と西洋言語では「主語」「述語」の概念が同じではありまでん。また、主語、述語、という概念がちょっと古い。それに学校で習う英文法は英語にとっても無理であるラテン文法の影響も残っている。

言葉もひとももっと自由。言葉の向こうには人がいる。

これは私の感覚なんだけれど…人はインスピレーションを受けてイメージが湧いた順に口を開く。先に思いついたことを後まわしにして、後から思い浮かんだことを先に言うなんて面倒くさいことをするほどひねくれてはいない。

だから「テーマ→謎かけ→答え」「旧情報→新情報」の順で語られること多い。ためしてガッテンだって「はい、テーマです!」って言ってからクイズでしょ?

 I love youをイメージ順どおりに辿ると、loveの花束をぐっとyouに差し出すしぐさが見える。「おれ好きなんだ、お前が。」でいいじゃない。この「お前が」は「が」がついてますけど、主語ですかね?

語順いじりは最低限で。さもないと紙芝居がめちゃくちゃになります。ABC,CDE,EFGと続いていたお話がACB,CED,EGFとなったら…頭が船酔いします。

ただ、別のお話を勝手に造るのは犯罪です。防犯には英語そのものの構造感覚、文法に基づいて語と語の関係を正確無比に把握すること。

では、がんばりたまえ。

本当はね、通訳と翻訳はひとつのことよ。

 

 

近代日本初の女性翻訳家は福島のひとでした

「翻訳やってみたいんです。」
あ、そう。またなんで?
「だってなんかかっこいいから…!」
あのねえ???そういう人は沢山いるよ。最近Google翻訳もすごいから、ただ翻訳というのはどうかなあ。

ところで日本の女性翻訳家第1号って誰だか知ってる?村岡花子さん?いえいえ、もっとずっと前のこと。

6歳で会津を離れて以来、戻ることはありませんでした

私は若松賤子(わかまつしずこ)だと思っています。もちろんペンネーム。若松は故郷の会津若松。賤子は「神の賤女(はしため)」の意。1864年、会津藩士の娘に生まれるけれど戊辰戦争で一家は離散。利発な賤子を不憫に思ったのは横浜の貿易商の番頭大川甚兵衛さん。この番頭さんに養女として引き取られ、6歳でひとり横浜にやって来たのです。

列強の外交官、それこそ隠密がうようよしていた横浜。会津の隠密の娘に居場所があったと思う?

あったのです。

それはアメリカ人女性宣教師キダー女史が始めた学校。これもどうかしてる。まだキリシタンが禁じられていた日本にアメリカから女性が船に乗って来て学校を造るなんて。(その学校に行かせようと思う番頭さんもすごい。これはきっとビジネスマンのセンス。)

女性宣教師が志高かったのは間違いないけれど、もうひとつ事情があるそう。教会に女性聖職者が認められたのは比較的最近でしょう?当時はアメリカでも女性はなかなか活躍の機会を得られなかったのです。

「小公子セディ」初の邦訳

この学校に賤子は7歳から通います。英語のみでなく博覧強記の教養を身につけ、たった一人の1期生として卒業。教員につきながら翻訳、執筆に活躍。なかでも名訳の評判高かったのがバーネットの「小公子」。

確かに学校が楽しくて夢中に学んだのでしょう。でもそれだけではなくて…賤子には独特の気配があるのです。背水の陣同志、失うものなどもう何もない同志の緊張感、覚悟を感じるのです。

だから、ずば抜けた。

日本語そのものが混乱していた時代、電子辞書なんかない時代に自分で言葉を見つけた、磨いた。

あなたもファッション雑誌で服を眺めるみたいに人が用意した選択肢をあれもいいな、これもいいな、と言っているうちは、まだ群れの中。点数競争、価格競争にまきこまれる。それはつまらないし、私なんかもたないと思うけどね。

自分の道を見出すのは、すべてを奪われる、失うような経験がきっかけのことも。それを世間は挫折、失敗と呼ぶ。でも恩寵の入り口は失敗の顔をしてやってくるようですよ。恩寵の入り口は自分にしか見えない。のんびり屋の私がそんな思いをしたのは31歳のとき。

あちゃー、31歳。長く肺を患っていた賤子が世を去った年。これでは朝ドラには短すぎますねえ。FTVあたりで2時間ドラマにならないかなあ。

福島県立図書館の若松賤子情報はこちら

 

コロケーション辞書、使ってますか?―「池上彰の新聞ななめ読み」をヒントに②

「コロケーション辞典をひきなさい」
「語源で考えなさい」

耳にタコができるほど英語の先生に言われたでしょう?え、そんなことない?じゃあ、通訳を教えている冠木先生が呼んでいると言っておいて。別に怖がることはありません。

コロケーション(con/l共にlocation位置する)とは相性のよい言葉の組み合わせ定番のこと。耳にタコができる、と言うけれど耳にイカができる、にはびっくりしますよね。わざとでなければこんなことは言いません。

どの言語でも優れたライティングには語源とコロケーションが大切。まあ、メイクや服のコーディネートのようなものです。このごろはコロケーション、語源が入っている電子辞書もずいぶん出回っています。「メニュー」ボタンで調べてみて。なかったらありがたくオクスフォード大学の無料オンライン辞書を拝借しましょう。

コロケーション辞書

語源辞書

さて、トランプさんは毎日言いたい放題なので、就任演説などはとうの昔のような気がしますが…池上さんはrestore its promiseを「約束を復活」とした日経、読売を「直訳」、毎日の「約束を守る」が自然だとしています。

私はこれには賛成できません。単語を置き換えただけのような日本語の訳文をながめ、ああでもないこうでもないといじってもそれは日本語の作文の練習。最後にはこなれた日本語になって当たり前。でももとの英文を離れてはもう訳ではない。「悪い」こなれです。

restorere(-し戻す)store(修理する)の意。レストランrestaurant体力修復所と兄弟の語源です。一度は壊れた、腹ペコになったことが伺えます。 

約束を「守る」ではこの「一度台無しになった」感が台無しです。

promisepro(前に)mise(遣わす)。相手の「前に」「月末に10万円返します」と書いて差し出すイメージです。 

さてpromiserestoreの組み合わせ、ちょっと珍しいのでは? 

promiseと動詞の組み合わせでコロケーション辞典をひくとgive, make, hold out, fulfill, honour, keep, break, go back on extract…などが出てきます。やはりrestoreとの組み合わせは定番ではないのです。

トランプさんがどれだけ意識的にコロケーションに挑戦しているかは存じません。ただ、翻訳者が非定番を定番に移して「自然でしょう?」なんていうのは自己満足。さて、どうしたら…?

たとえばこんなのは?

「約束を結びなおす」

「約束を再び結ぶ」

「展望を取り戻す」

 

「結ぶ」で日本語らしさを確保、「なおす、再び」でrestoreのニュアンスを活かしています。もっと飛躍できる気もするのだけれどね。

3つめの「展望」に驚いた?イヒヒ!もちろんわけがあるんですよ。

通訳、翻訳の楽しみは、橋かけは無理と思われた川岸に、橋脚を立てるポイントを探し出すこと、橋をかけること。コロケーション、語源は強力な味方です。

 

 

 

これじゃ「こなれ」る訳がないー「池上彰の新聞ななめ読み」をヒントに①

みなさん、今日は新聞読みましたか?
朝日では池上彰さんが新聞各社のトランプ大統領就任演説翻訳を比較しています。(朝日新聞 1月28日朝刊)。何回かこれをヒントにしてみます。

「こなれ」ているか「自然」かが池上さんにとってのポイントのよう。読み手の側に立てばごもっともな視点。

でもね、通訳、翻訳を学ぶひとたちの基準としては不十分。

たとえば、レストランでおいしい料理が出てくるのは当たり前でしょ?アマじゃないんだから。プロは素材選びや調理方法、器、インテリアにこだわってお客さんの「おいしい!」の瞬間まで隙なく最善を尽くすでしょ?お客さんは何がどうしておいしいのかわからなくてもいいの。でもシェフが味見して「なんかおいしい」なんて満足してたら、ダメだこりゃ。

順序にも意味がある

池上さんがおっしゃる「こなれていない」≒おいしくない、も原因はいろいろ。素材選び、調理手順…つまづき箇所はさまざまです。

主に採り上げられたのはほぼ出だしのこの部分。
We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and restore its promise for all of our people.

読売新聞の日本語訳は「なんともこなれていない」とご指摘。
―私たち米国市民は今、国を再建し、すべての国民に対する約束を復活させるための偉大で国民的な取り組みに加わっている。―

あらほんと。

どうしてだと思う?

意味のまとまり、イメージごとに番号を振りますよ。
①We, the citizens of America, ②are now joined ③in a great national effort ④to rebuild our country and ⑤restore its promise ⑥for all of our people.

読売では
①私たち米国市民は今、
④国を再建し、
⑥すべての国民に対する
⑤約束を復活させるための
③偉大で国民的な取り組みに
②加わっている。

あれまあ。

フルコースって、前菜→スープ→魚料理→口直しシャーベット→肉料理→デザートでしょ?

それが前菜→口直しシャーベット→デザート→肉料理→魚料理→スープになってしまいました。前半は女子の栄養失調ランチみたいですけどね。

読売訳が「こなれていない」原因は過剰な「番狂わせ」です。

ついでに調べたNHKも似たような感じです。
「私たちアメリカ国民はきょう、アメリカを再建し、国民のための約束を守るための、国家的な努力に加わりました。」
(なぜour countryがアメリカ?citizenもall of our peopleも国民?国家的とはどういう意味?)

どこもこんなレベル?と探してやっと見つけたのは山陽新聞。スタイルを感じます。
「米国の市民はいま、大いなる国家的取り組みに向け協力することになった。国家を再建し、全ての人が希望を取り戻す取り組みだ。」

繰り返しになるけれど、人間はイメージが浮かんだ順に言葉にする。その順序そのものも大事な情報。ひっくり返しは最低限で。そもそも英語と日本語は主語述語の概念が違います。わざわざひっくり返して律儀に「―がーです」なんて骨折り損。

イメージの順を守ると違うお話になってしまう…という人は英語の構造感覚=文法に弱みがあります。おさらいしましょう。

池上さんはrestore its promiseを「約束を守る」と訳した毎日新聞を「こなれています」と評価しておいでです。これには賛成しかねます。ここは私も唸ったところですが。

こなれにも良いこなれ、悪いこなれがあります。

それはまたこの次に。

Keep warm and stay well.

 

英語が話せれば世界が広がると思っている?

「ああ、英語が話せるようになりたい!」

なんでまた?

「だって世界が広がってグローバルに活躍できると思って。」

もう…どこの売り文句に鵜呑みにしてるのよ。

 あのね、英語は話せるだけじゃどうにもなりません。そんなところで止まっていたらイワシの群れのど真ん中。ほら、クジラが大きなお口を開けて近づいてくるよ。

 話せなくていいと言っているのではありません。そこで止まるなと言っているのです。

書けなくてはどうにもなりません。

 例えばアメリカの名門リベラルアーツカレッジはどこもライティングを重視しています。留学生には始めの段階でスピーキングのサポートがあることもあります。でもそのあとは本科学生と一緒にライティング・センターのお世話になるのです。たとえば内村鑑三も学んだアマースト・カレッジ。

2017-01-17 (2)

 

「いや、そこまでは望まないな…。海外旅行のときにもっと楽しめれば…」

 え、今なんとおっしゃいました?

 あなたに仕事で会いにくる海外の方たちは、選ばれて日本との懸け橋となった優秀な方たち。高校時代からライティングを叩き込まれているはずです。そんな人たちに選ばれているあなたにはもっと高望みがふさわしい。

それに海外旅行でちょっとしゃべって楽しい、というレベルなら6か月、8割独学でなんとかなる方法があります。(おお、DL用の小冊子をまだ書いちょらんかった)

さて、書けるようになるには読めること。読めるには聴けること。意外かもしれませんが、耳ができていないと無理して読むことになります。

そこでお勧めなのがAudible.アマゾンが運営するオーディオブック屋さんです。整った文章を耳から入れたら一石二鳥。

2017-01-18

まあ、あなたの人生の次の扉が本当に英語かどうかもう一度考えてみてもいいかもね。

それでもやっぱり英語に挑戦したいなら、今度は半端なこと言わずに頑張ってください。

こりゃもういいや、餅は餅屋、というお方はどうぞこちらへ。。

「間違ってもいいから言ってごらん」???

「間違ってもいいから言ってごらん」

英語のレッスンでよく聞くでしょう?
私は決して言わない。
これで嬉々として口を開く学生なんて見たこともない。

board-1614646_640

間違っているのわかっているくらいなら、直せるってば。
間違っている気がするけどそれができないから、もじもじしているんでしょ。
このまま「あー、そこ間違ってる」とわかる他人に口を開く。
それが楽しいか楽しくないか、考えなくてもわかるでしょ。

先生はこのもじもじ感を大事にしようよ。

alone-1822474_640

学び手はいつも本物で包囲したいもの

若い人たちってちゃんと自分のこと気にしている。
寝ぐせがとれないだけで学校遅刻したり…
毎朝40分もかけてお化粧したり…
お化粧が間に合わないだけで巨大マスクで覆面したり…

このセルフモニタリング能力を活かそうよ。
「ばかみたいなことに時間かけてないで勉強すればいいのにねえ」なんて言う先生、
あなたは気の毒なオバサン。

息を呑むほど美しいものでなければ模倣するに足らない

息を呑むほど美しいものでなければ模倣するに足らない

セルフモニタリングが最大限になるのは、憧れを掻き立てられたとき。
憧れに近づきたいと願えば、べらぼうな言語インプットなんて当然の副産物。目的とするまでもない。

え?グループレッスンだから一人ずつ違う憧れでは困る?

あのねえ、まず先生が憧れられる存在でいてください。

通訳レッスンでは「間違ってもいいから訳して」いる暇はありません。とにかく本物で包囲する。
ひたすら聴く。べらぼうにインプットする。モデルを示す。
アウトプットはそれからでいい。
ヴァリエーションは生まれても間違いはまれ。

コミュニケーション=発信力?

Bullshit.

 

英文和訳とプロ翻訳はどう違う?① In his pocket he had an eggどう訳す?

英語力アップと通訳養成は一直線でつながる

本来それが自然。
そんなトレーニングに断片的な「お教材」はいりません。
おすすめは古今東西の民話、昔話のストーリーテリング。
謎めいたストーリーは微生物ゆたかな土壌のよう。
これで鍛えておけば報道、学会の通訳は簡単なもの。

みんなを利口にするわけのわからない変人、ナスルディン

いま大学で取り組んでいるのが中東のトリックスター、ナスルディンのシリーズ。
ふるさとがいまいちはっきりせず、トルコはじめ中東諸国が「うちだ」と
言い張っているのも面白い。日本でいえば吉四六さんでしょうか。
利口か馬鹿か、親切か意地悪か、さっぱりわからないナスルディン

利口か馬鹿か、親切か意地悪か、さっぱりわからないナスルディン。By Unknown – Topkapi Palace Museum Library Cat. No. 2142

この人、利口か馬鹿か、親切か薄情かさっぱりわかりません。
聴く者を終わりのない「?」のうちにほったらかしてくれます。

そう、優等生な答えを与えて人を考えなくさせるよりよっぽどありがたいんです。

答えは古びても問いは古びませんからね。

今週のストーリー/「まずは覚える」にチャレンジ

A wag met Nasrudin. In his pocket he had an egg.
“Tell me, Mullah; are you any good at guessing games?”
“Not bad,” said Nasrudin.
“Very well, then: Tell me what I have in my pocket.”
“Give me a clue, then.”
“It is shaped like an egg, it is yellow and white inside,
it looks like an egg.”
“Some sort of a cake” said Nasrudin.
すらすらと唱えていたSさん。
A wag met Nasrudin. He had an…と言ったところで声が止まりました。
そしてIn his pocket…と言い直したのです。
「どうして言い直したの?」
「もともとそうじゃなかったし…感じが違うと思ったんです。」
そうそう、いいですねえ!みんな、その「感じ」の正体は?

違和感を説得力にできるのがプロ

その「感じ」が「感じ」のままだと個人の私的な趣味と思われる。
「理性」の言葉で語れるのがプロ。私的な趣味じゃなくて説得力になる。
で、その着眼、説得力がその人の流儀になる。
じゃあ、この訳はどう?
『彼は卵をひとつポケットに入れていました』
『彼はひとつの卵をポケットに持っていました』
「先生、それ悪い例ですよね。」
そう、中学の英文和訳だったらバツにはならないかもね。
そんなことやってるからダメなんだけど、そのことはまた後日。
いずれにしても翻訳としては不合格。
このニュアンスの違いは?
John gave this ticket to me.
John gave me this ticket.
こういうの「同じ」「書き換え可能」ってbullshitですからね。

全く同じ単語、表現は2つとしてない。すべて唯一。

物語の重心を占める卵。そのことは構文に現れています。

物語の重心を占める卵。そのことは構文に現れています。

イメージの順に敏感に

そして人間ってイメージが浮かんだ順に言葉を語るもの。
新しくて、大事なことは後でご登場。
この順番を勝手に変えると主役と脇役が変わってしまう。
聴いている、読んでいる人が船酔いしてしまう。
歌だってイントロがあってからサビ。
落語だって前座、二枚目のあとに真打。
これ、別に文法や構文の約束ではなくて、もっと自然でしょ?
さあ、In his pocket he had an egg.の真打は?
「あ!そういうことですね。卵がこのストーリーの重心!」
そうそう!
いろんな例が出てきました。
『ポケットには卵がひとつ』
『そのポケットには卵がひとつ』
『ポケットの中には卵がひとつ』
『ポケットに入っていたのは卵』
どれもイメージ順を守っています。これこそ同時通訳の土台です。
みんなまずは合格!

こんなに簡単な1文で言葉と人間についてこれだけの気づきがあるんです。

女子大生にはなれないけれど、じっくりやってみたい方はこちらへどうぞ。